当園のコロナ対策

興南幼稚園では、これまでも園児の安全を考え、新型コロナウイルス感染防止対策を実施してまいりました。

しかしながら、11月中旬以降、全国的に感染者数が急増・拡大し、コロナウイルスの第3波が到来してしまいました。

この時期は感染症であるインフルエンザや胃腸炎もにも気を付けなければなりません。

当園としても再度感染防止対策を徹底し。更に強化して参ります。

 

当園では、コロナ対策の為、次のような対策を取っています。

  • 朝の登園時に、担当職員が入口にてアルコール消毒、検温を行っています。

  • 幼稚園での検温は、登園時と昼食前の2回実施しています。

  • 職員も毎朝の検温チェック、マスク着用、出勤時のアルコール消毒を行っています。

  • 保育室やトイレ等、すべての部屋に「低濃度オゾン発生器」を設置し、24時間稼働でコロナウイルス感染症を抑制しています。

  • 保育室の窓は常に開け、換気をしています。

  • トイレは分散で行き、他クラスとも一緒にならない様にしています。

  • 机にはパーテーションを置き、マスクを付けられない食事の時も、飛沫が飛ばないようにしています。

  • 子ども達には、手の洗い方、マスクの付け方、こまめな手洗い・うがい、咳エチケットの励行について指導しています。

  • 全園児が集まる様な行事(運動会・発表会等)は、クラスごとに行うなど、コロナ対策をしっかりと行った上で開催しています。

  • 園庭遊びは、クラス毎に遊んでいます。

  • 毎日、次亜塩素酸で机・椅子・おもちゃ・ロッカー等を消毒しています。

  • バス・ワゴンの座席、持ち手はその都度消毒を行っています。

 

 

2020年12月04日